費用の目安

新築での外構工事の場合、建築費用の10%程度がバランスが良いプランと言われておりますが、誰もが出来るだけ安く良いプランを望んでいると思います。なのでまずは外構工事を依頼する時のパターンから説明したいと思います。
大きく分けると3つのパターンがあると思います。

  • 建築をされたハウスメーカーに外構工事を依頼する場合
  • ご自分で探した外構業者に依頼する場合
  • 知り合いの職人さんに依頼する場合

この3つのパターンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

ハウスメーカーに外構工事を依頼する場合

建築を頼んだ相手だけあって3つの中で一番信頼出来る相手だと思います。何か問題が起きた場合でも窓口が1つなので相談する相手で悩まなくてもいいのも長所と言えるでしょう。ですがハウスメーカーの場合、外構工事は外注に依頼する場合が多いと思います。外注の外構業者が出した見積金額にハウスメーカーが利益を乗せてお客様に提出する為、金額が一番高くなるケースがほとんどです。

ご自分で探した外構業者に依頼する場合

インターネットで外構業者を探す人や、近くの外構業者に依頼する人もいるでしょう。この場合、プランの内容や施工の信頼度はハウスメーカーに依頼した場合と変わりがなく、ハウスメーカーの利益の分は金額も抑えられます。ですが数ある外構業者の中から信頼出来る業者を選ばなくてはいけません。

知り合いの職人さんに依頼する場合

金額面は一番抑えられる方法だと思います。ですが知り合いに外構工事の職人さんがいないと話も出来ません。もし居た場合でも、知り合いなのでお互いが気を使ってしまい仕上がりに不満がある場合に言いにくいという話を聞いた事もあります。

このようにメリット・デメリットがあるので納得の出来る方法で外構業者を選んでください。
では今までの経験を元に金額の目安を説明したいと思います。